引越しを前に忘れてることはありません?引越しの流れとやるべきことを解説

引越し業者の選定

転勤や新居の購入などで引越しが決まったら、まずやることは引越し業者の選定です。賃貸住宅にお住まいであれば基本1ヶ月前告知(契約によります)となりますので退去の1ヶ月前には引越しの日時を決めて不動産屋に連絡をしなくてはいけません。仮に1週間後に退去する旨を伝えても1ヶ月間は家賃が発生してしまいますので、その前に引越し業者を選定しましょう。

繁忙期は特に考えていた日に引越し業者が空いているとは限りませんので、早めの予約が必要となることがあります。余裕を持って1ヶ月以上前には決定しましょう。

転出届・転校手続き

他県や他の市町村に引越しする時はお住まいの市町村に転出届を提出しなくてはいけません。また子供がいる場合には学校に連絡し転校手続きも行わないといけませんので、お早めに連絡してください。

繁忙期は特に考えていた日に引越し業者が空いているとは限りませんので、早めの予約が必要となることがあります。余裕を持って1ヶ月以上前には決定しましょう。

公共料金の解約

水道・電気・ガス・電話・インターネットなどの解約についてです。電気や水道に関しては解約の日付を電話やインターネットなどで連絡し、退去日に元栓やブレーカーなどを閉じればOKです。ガスは都市ガス・プロパンガス共に立会いが必要となります。ある程度余裕を持って、引越しの日に予約を入れておくと良いでしょう。他にも電話やインターネットも同様になります。転居の日時を伝えて、その日で停止させましょう。また転居先でも必要だと思いますので、転居先の開設もお願いしておくと良いでしょう。

粗大ゴミなどの廃棄

粗大ゴミを市町村で回収してもらう場合は地域にもよると思いますが、ある程度日数を要することがあります。そのため使っていないものなどはなるべく早めにごみ相談センターなどに連絡し回収してもらいましょう。また不用品回収業者などにも依頼しても良いですが、なかには市町村の回収料金よりも高いものがあります。大きなタンスやベッドなどは市町村に粗大ゴミの収集に依頼したほうが良いと思います。時に不用品回収業者のほうが安く済む場合もありますので、時間の合間にインターネットなどで確認してみましょう。

↑ PAGE TOP